研究

この仕事にも慣れてきて随分と自信がついてきました。私が勤務しているデリヘル店はお客さんに満足度などを聞くアンケートを取っていて、オーナーから「お客さんから大好評だよ!」と教えていただき頑張った甲斐があったととても嬉しく思いました。秋田の中でも高級なお店ななのでその金額以上の仕事をして満足してもらえるよう、そして少しでもロングの時間で予約を取れるように頑張っています。リピートのお客さんが多いので会うたびにマンネリ化しないよう心がけています。逆に会うたびにお客さんが喜ぶポイントなどをつかんで活かしていけるように、気づいたことはメモを取るようにしています。気に入ったお客さんに対しては特に心を込めて接客するようにしていてもっと遊びに来てもらえるようにしています。別れる時に名残惜しいと思ってもらえればまた次に来てくれる可能性もとても高いので、演技だとバレないようになるべく甘いひとときを演出して現実から離れて、夢を見させてあげています。またテレビなどで色っぽいと思った芸能人の表情や仕草などを積極的に取り入れるようにしています。アニメなどを観ていてもこのギャップ可愛いと思った言動などあれば非現実を演出していく要素として取り入れています。シオンさんみたいな天真爛漫な可愛さは私には持ち合わせていなく、天性の才能で人々を魅了するようなセンスもないので、シオンさんとはまた違った魅力で努力でカバーしていけたらと思います。またメイクも大事な要素で自分のコンプレックスを隠して、お客さんに少しでも綺麗だと思ってもらえるようにメイクのしかたを動画でみて学んだり、評判の良い化粧品をチェックして秋田では売ってないようだったらネット購入し試したりなどしていました。今までそこまでメイクを研究したことがなかったので初めての発見も多く、もっと早く知っておけばよかったと思うこともありました。

久しぶりに私をみた友達の真弓は「随分あか抜けたね…!」と驚いていました。やりすぎてないか心配だったので「ケバくなった…??」と聞いてみると「いや!すごく綺麗になったよ!」と褒めてもらえました。真弓にも最近発見したオススメのコスメやテクニックなどを伝授しました。綺麗になることはその分自分に自信がついてとても前向きになります。うつむきがちに歩いていた道を堂々と笑顔で歩けていける気がして明るい気分になりました。真弓は私がデリヘルの仕事を始めたことを心配してくれていて今日も私が元気でやってるか不安だったようですが、実際会ってホッとしたようでむしろなんか生き生きしてるねと言われました。今後も無理はしないでくれぐれ自分自身を大切にしてねと釘を刺されました。真弓は本当は私にこの仕事をやめてほしいのだと思います。けど私の意志を尊重してはっきりとそうは言わないでいてくれているんだろうなぁと思います。私がどんなに危なっかしいことしていても、今回みたいな反応はなかったのでよっぽど心配なのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です