なんでもない日

最近は秋田トップレベルのシオンと比べるのではなく自分らしさ、自分の良いところをもっと自分自身で大事にしてデリヘルのお仕事を頑張っていこうという意識の変化がありました。そう思えるようになったのは他でもなくシオンのおかげです。今まで見向きもせずに他の人の良いところばかり見ていましたが、他の人の良いところを真似しようと思ってもとても難しくなかなかうまくいかないので、落ち込み自分なんて無理だと思い込んでしまうような負のループに入ってしまうことが多くありました。シオンが私の好きなところをたくさん言ってくれるので、自分の長所に目を向けるようになりました。「加代はクールビューティーで特に涼しげな目元が色っぽい。」「私はびっくりすると慌てちゃってうまく対処できないけど、加代は冷静で頭の回転が早くて、そうゆう時加代を見てると安心する。」「加代はたくさん笑うわけじゃないけど、たまに笑うからこそ笑顔を見た時の胸キュンは半端ない。」「いつものクールさとベットの上とのギャップが本当にやばい!」「クールだから一見つめたいのかと思いきやめちゃくちゃ面倒見がいい。」「クールなくせにすぐ照れて顔が赤くなるのが可愛い。」「細いくせに胸でかくてスタイル良すぎ!」「人の仕草とか表情でその人の機嫌を察知する能力がすごい。」「人の好きなものとか無意識に観察しててその人の嗜好知ろうとしてるのがすごい。」などなどシオンが言ってくれた言葉はとても嬉しかったので自分の中の財産として残っています。自信がなくなった時や落ち込んだ時にシオンが言ってくれた言葉とその時の笑顔が脳裏に浮かんできてよく励まされています。

 


今日もシオンは仕事終わりに私の家に来るようです。今日は時間があったのと明日はお互いに休みなので、シオンが好きな洋菓子店のお菓子とケーキを買い、さらに近くのスーパーでワインを買ってきました。夕飯を作る時間もたっぷりあったのと久しぶりにしっかり料理をしたくなったのでお買い得な食材を見ながら、スマホで献立を調べながら決めつつ材料を買いました。シオンが来るまで好きな音楽をかけながら料理を始めました。初めて作る料理でうまくできるか不安でしたが、うまくできました。
シオンが帰ってくると鼻をすんすん言わせて「めっちゃ美味しそうな匂いする!」と目を輝かせて言ってきました。夕飯をテーブルに並べると「わーー!」と驚いて、「美味しそう〜!」と嬉しそうに笑っていました。よっぽどお腹が空いていたのかあっという間に平らげて、満足そうに「美味しかった!」と言っていました。デザートにケーキとお酒を出すと「今日なんかの記念日だっけ?!」と驚いていました。確かにそう言われてもおかしくないくらい今日の夕飯は豪華です。「なんでもないよ。ただ時間あったから買ってきただけだよ。」と言うと「そうなんだ!ラッキー!」とご機嫌でケーキもあっという間に平らげてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です